ボロボロ状態のお店も魅力的な店舗内装で一新できました

お店の入り口の改修

どうしてもできなかったのは、お店の入り口の改修でした。
最初は自分でできるのではないかと思ったのですが、お店の入り口はお客さんが最初に通る場所ですし、通りを歩いている人へのアピールを行う大切な部分などからも、ここはプロにお願いしました。
設計士との打ち合わせの中でイメージを伝えることが難しかったので、ネットの中で見つけたいくつかの参考事例写真を見せて、このような感じにしたいと伝えて設計図を書いて貰い、図面が完成した後も納得できない部分は修正を繰り返しました。
オープンまでには数か月の時間が必要になりましたが、店舗内装工事は意外と楽しいものであること、自分でできることも多いので予算が少ないときなど自らやれば便利だと感じたのです。
ちなみに、厨房設備がすべて排除されていたことはある意味運が良かった部分ではないかと思いますが、仮にボロボロの厨房機器がそのまま残されていると、それを処分するためのコストも必要になって来ます。
導入した厨房機器は全て中古品で揃えましたが、デザイン的にも店舗内装に合わせて選んだのでお店の中がまとまったように感じますし、固定客の人々からの評判も良いのです。
リピーターになってくれたお客さんとの会話の中で、このお店は自分で内装工事をやった話をすることもありますが、クロスや床、照明器具など落ち着いた雰囲気があるので好きだと答えてくれる人が多い、これも自らやったことでこのような評価をしてくれるお客さんがいることに感謝しています。

購入することに決めました!!内装工事を専門にしている業者お店の入り口の改修